あの頃の風景が徐々にハッキリと見えてきたのは、裸眼でなくメガネです

先日、床に置いていたメガネを足で踏んでしまい、見事に壊れました。床に置いて
いたのが悪かったのですが、まさか踏みつぶしてしまうとは思わなかったです。
壊してしまったメガネは4本目で、結構気に入っていました。

そのため壊れたメガネをメガネ屋で修理してもらうため、メガネ屋に行って壊れた
メガネを見てもらうとメガネ屋さんが言うには修理は可能ですが、修理代は新しく
メガネを作るより高くなるといいます。仕方がないので新しくメガネを作る事に
します。

そして、メガネを作る前に眼科で診てもらってメガネの処方箋を書いてもらう事に
しました。しかし、処方箋を書いてもらう前に視力検査を行う事になります。視力
検査はメガネ屋ではしてもらった事はありますが眼科では、かなり昔にしてもらって
以来です。検査の結果、視力は落ちていましたがそれ以外は問題なしの結果です。

早速メガネの処方箋を持ってメガネ屋に行きメガネを作ってもらいました。そして
出来上がったメガネをかけると今までかけてきたメガネより、鮮明に見えます。
逆に言えば、それだけ視力が落ちていたともいえます。

当初、メガネをかけるのに抵抗があり、裸眼でいました。メガネをかけなくても
裸眼で十分物が見えていたからです。それにメガネをかけると顔の表情が変わって
しまうのも嫌でした。メガネ顔と裸眼顔ではかなり違和感があります。

しかし、裸眼のままで過ごしていたら徐々に目が痛みだしてきたので渋々メガネを
かける事にしました。メガネをかけると目の痛みが改善してきたので、この時点で
裸眼からメガネをかける事になり、メガネのレイアウトも重視するようになって
いきます。http://www.feedback-bg.org/