大人になってかれでも感動する戯画の出力

近年、一心に書房に行きます。授業がてら、気晴らしにコミックを読みます。ぼくは、もういい年の大人だ。コミックなんて、常に読んでいなかったような。。。ええ、読んでいませんでした。”白鳥麗子”以来かもしれません。そもそも、書房にコミックが置いてあるなんて知りませんでした。ついつい、気晴らしに本棚をうろうろしていて見つけました。へえ〜、写真化されているコミックですぁ〜と思いながら手に取ったのが”ちはやふる”でした。全巻きっちり置いていなくて、1〜9刊は、貸し出されているようでありませんでした。最初から読みたかったのですが、仕方ないので、10巻から読みました。可笑しい。青春コミックって力の固まりですなぁっておもいました。夢を持つすばらしさ、一途に見つける想いって大事なんだなって思いました。そして仲間の威力。コミックってでかいなって思いました。いよいよ戻れない青春。更に大事に生きればよかったなって見まがうコミックでした。それぞれを好きになる、信頼する、ハイスクールのヒーローのコミックで大人になって肝を教えて頂きました。妊活サプリ